稲毛海岸で歯医者をお探しなら、インプラント、ボトックス注入療法(ボツリヌス治療)も行う寒竹歯科医院へ。一般歯科をはじめ、入れ歯、歯周病、ジルコニア、セラミックなどの審美、歯ぎしり・食いしばり治療など、各種治療に対応。

親知らずの抜歯

親知らずとは

顎をおさえる女性

親知らずとは、大臼歯(大人の奥歯)の中で一番後ろに位置する第3臼歯です。

智歯とも呼ばれ、20歳前後で生えてくることが多く、個人差があります。歯ぐきに埋まったまま生えないことや生まれつき親知らずが存在しない場合もあります。

親知らずによる痛みの原因

親知らずは一番奥に生えて、斜めや横向きになることが多い歯です。
特に下の親知らずは、傾向して生えることが多くみられます。
親知らずが横向きや斜めにはえてしまっている場合以下のような問題が起きる可能性があります。

  • 隣の歯がむし歯になってしまう
  • 親知らずの周辺で歯周病が進行してしまう
  • 歯が押されて歯並びが変わってしまう
  • 親知らずの周辺で炎症をおこし痛みがでる

親しらずの生え方

親知らずの保存、抜歯について

親知らずが周囲に悪影響をもたらすときは抜歯する場合があります。
親知らずの一つ手前の歯は、咬み合わせに重要な歯です。
その歯が親知らずのために、むし歯や歯周病が進行している場合や将来的にそのリスクがある場合、その歯の根に親知らずが当たっている場合は、抜歯の対象となることがあります。
また、親知らず自体がむし歯になっている場合や親知らずの周辺が歯周病のためよく腫れてしまう場合、抜歯になることがあります。
親知らずの生え方、根の形態などによっては抜歯の外科処置にリスクも伴いますので、処置を行う時には、歯科医院でのレントゲン撮影を行います。

より詳細な診査が必要な場合はCTなどの立体画像による診査を行うことをおすすめします。

歯のことでお悩みの方はこちら TEL 043-278-6482 診療時間 9:30~19:00 土日は17:30まで

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
Copyright © 医療法人社団 郁栄会 寒竹歯科医院 All Rights Reserved.