稲毛海岸で歯医者をお探しなら、寒竹歯科医院へ。一般歯科をはじめ、インプラント、入れ歯、歯周病治療、ジルコニア、セラミックなどの審美治療など、各種治療に対応。

入れ歯(義歯)

入れ歯について

denture-main最近食事をするたびに入れ歯が動く、痛くて思うように食事がとれない、見た目をもっときれいにしたい、そんなお悩みの方はいらっしゃいませんか?
食事を楽しむことは健康を維持し、私たちの生活の質の向上に多いに影響します。

寒竹歯科医院では、見た目を気にせず大きな口を開けて笑うことができる、食事を美味しく食べられる、心地よく装着できる「入れ歯」を患者さんにご提供できるよう努力しています。

入れ歯に対して、「痛い」「噛めない」「外れる」「目立ちたくない」など、どんなお悩みをお持ちでも、お気軽に一度ご相談ください。
患者さんを全力でサポートいたします。

入れ歯の種類

入れ歯は大きく「総入れ歯」と「部分入れ歯」に分けることができます。

総入れ歯(総義歯)

denture-01全ての歯を失ってしまった場合に使う入れ歯です。顎の裏面も覆うような大きな入れ歯のことを指します。すべての歯を人工歯によって補います。

部分入れ歯(部分義歯)

denture-02歯を失った部分にのみ使用する入れ歯です。
歯が1本でも残っていれば、部分入れ歯を作ることになります。残っている健康な歯を利用して入れ歯を固定します。

当院で取り扱っている入れ歯

ノンクラスプ・デンチャー

denture-03金属の留め金(クラスプ)がないため、笑ったときに目立たない入れ歯です。
硬くないので、心地よく装着していただけます。
また、 金属アレルギーの方でも安心してお使いいただけます。
自費診療(保険外診療)による入れ歯です。

メリット デメリット
  • 歯と歯ぐきで支えてくれるため、歯にかかる負担が軽減される
  • 審美面を重視した治療ができる
  • 金具がなく自然な色なので、美しい口元になる
  • 変形・アレルギーの心配がない
  • 素材を軽く・薄くすることができるので、装着感が良い
  • 弾力性があり、しなるので丈夫、割れる心配がない
  • 修理が難しいケースがある
  • 咀しゃく機能の改善が難しい場合がある
  • 数年で変色や脱色の可能性がある
  • 自費診療のため費用がかかる
費用
ノンクラスクデンチャー 片側(臼歯) 標準料金(税込) 165,000円
ノンクラスクデンチャー 片側(前歯臼歯) 標準料金(税込) 165,000円
ノンクラスクデンチャー 両側(前歯のみ) 標準料金(税込) 165,000円
ノンクラスクデンチャー 両側(臼歯) 標準料金(税込) 220,000円
ノンクラスクデンチャー 両側(前歯臼歯) 標準料金(税込) 220,000円

金属床義歯

denture-04歯茎に触れる部分が金属で作られている入れ歯です。
強度のある金属床は、入れ歯を薄くすることができるため、違和感も少なく、保険適用の入れ歯よりも自然に近い発声が可能です。
また、金属なので食べ物の温度(熱さ・冷たさ)がよく伝わり、食事を美味しくいただけます。
自費診療(保険外診療)による入れ歯です。

コバルトクロム

メリット デメリット
  • 薄くぴったりしているので、お口の中が広く感じる
  • 熱の伝わりが良いため、熱い・詰め痛い感覚が自然に近く、食事をおいしく味わうことができる
  • 汚れがつきにくく衛生的で清潔
  • 割れにくく、変形もしにくい
  • 重さがあり修理を繰り返すと、その分の重みが加わる
  • 自費診療のため費用がかかる
費用
コバルトクロム床総義歯 標準料金(税込) 275,000円

チタン

メリット デメリット
  • とても軽い素材のため違和感が少ない
  • コバルトの特徴・長所に加え、歯ぐきとの適合性や吸着性に優れている
  • 金属アレルギーの心配がない
  • 入れ歯に使用する金属の中では一番の軽さ
  • 修理が難しいケースがある
  • 自費診療のため費用がかかる
費用
チタン床総義歯 標準料金(税込) 330,000円

レジン床義歯

denture-05歯茎に触れる部分がレジン(プラスチック)で作られた保険適用の入れ歯です。
食べ物の熱さや冷たさに対する熱伝導が悪く、強度を保つために厚く、大きめに作らなければならないので違和感があったり、しゃべりにくいという難点があります。
しかし、保険適用なので安価で、ほとんどの症例で使用できるといったメリットがあります。

メリット デメリット
  • 保険適用のため費用を抑えることができる
  • ほとんどの症例で使用できる
  • 修理がしやすい
  • 大きくて厚い入れ歯になる
  • 違和感を感じやすい
  • しゃべりにくい
  • 食べ物の温度が伝わりにくい

レジン床と金属床の比較

入れ歯の注意事項

まず入れ歯になれましょう
はじめのうちは、歯茎が傷ついて痛むことがありますので、無理に使用せず当たる部位を確認の上、ご来院ください。
入れ歯を破損しないようにしましょう
ご自身で入れ歯を調整しないでください。合わなくなってしまいます。
入れ歯を清潔に保ちましょう
毎食後に、はずして洗ってください。寝る時は、はずしてお水の中で保管してください。
定期的に検診を受けましょう
しばらくすると、入れ歯ががたついたり、バネがゆるんだりします。
異常がなくても、半年に一度は点検のためにご来院ください。

ご要望に応え特別な入れ歯もお作りします

当院では患者さんのご要望にお応えし、特別な入れ歯もお作りしています。

例えば、薄くて舌触りのよい金属床入れ歯や、金属の留め金(クラスプ)がないノンクラスプデンチャーなどがあります。
いずれも安定性、機能性、審美性に優れていますので、従来の入れ歯では満足できない方には最適です。
口腔内の状況によってはおすすめできない場合もあります。詳しくはご相談ください。

歯のことでお悩みの方はこちら TEL 043-278-6482 診療時間 9:30~19:00 土日は17:30まで

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 医療法人社団 郁栄会 寒竹歯科医院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.